ベンチャーサポートで自分の夢を叶えよう!

顧客満足度を意識

飲食店

接客部分は重要になります

飲食店は、客商売と表現される様に、お客様があって成り立つものです。飲食店の経営を成功させるためには、サービスを提供する側と受ける側のバランスに注意が必要です。 飲食店の経営は、サービスを提供する場所でもあります。しかし、サービスが過剰になると、経営が立ち行かなくなる危険性も有します。その一方で、お客様が求めているものが不足している場合は多く存在しています。接客サービス一つをとっても、言葉遣いなどの対応が悪かったと感じてしまうと、再度の来店を望むのが難しくなります。同じ飲食店を利用すると、また同じ気分を味わう事になるとお客様側が懸念するからです。 飲食店の経営は、スタッフを複数雇用する場合も多く、接客の態度も統一性が求められます。基本部分を徹底しながら、場面に応じた対応ができる事が理想的です。一人のスタッフの評判は、飲食店に対する評価の高低に繋がります。この点において、マニュアルなどを作成して、実践に移していく事は、スタッフの統一性を整える事が可能になります。できるだけ開業当初から準備し、実例によって内容を改善していくとマニュアルも充実したものになります。 何故マニュアルが必要になるかというと、お客様が店舗に対して感じる満足度に繋がるからです。プラスの評価、マイナスの場合においても、人と人が接触する場面は、特に感情を左右する事になり、満足度に関わるものとなります。最低でも、接客態度、マナーなどは全スタッフが内容を実行して、そこからプラスを積み上げていく事が必要です。